京都学派は京都帝国大学文学部哲学教室の西田幾多郎,田辺元を中心にして形成された日本近代思想史を代表する哲学者集団である. その真の姿は,その高名に比し,未だ十分に解明されているとは言い難い. しかし,その思想史的意義は日本思想史にとどまらず,世界思想史にまで及ぶ. 本アーカイブは,京都学派研究のために,その中心となった西田幾多郎・田辺元という二人の対照的哲学者が残した史料を研究者や学生のために提供することを主たる目的としている.

  • 2014/10/06
    史料番号1210090005の全資料および田辺史料研究会の翻刻(2014.10.05のもの)の公開作業完了.tanabe.html
  • 2014/10/05
  • 2014/10/05
    田辺史料の公開方針と方法を変更しました(参照). これに伴い利用規則を変更しました(参照).
  • 2013/01/03
    英語メディアでの報道を報道の記録のページに追加しました.
  • 2012/11/14-22
    新聞全国紙5紙,京都新聞,共同通信, 国会図書館カレントアウェアネス・ポータルなど,各種メディアで報道されました.
  • 2012/11/13
    京都大記者室で公式公開の記者発表を行いました.京大広報のページ
  • 2012/11/11
    公式公開を開始しました.
  • 2012/11/08
    田辺史料のリストが完成しました.11月11日に公式公開を開始します.公式公開までの追加予定は西田史料一括検索を行うためのSMART-GSのインストール方法のマニュアル動画のみです.
  •   
  • 2012/09/14
    SMART-GS0.9により西田全手書き資料の一括筆跡検索が可能となりました.データを含むSMART-GSをダウンロードして,自分のPCで検索します.(西田史料利用方法を参照)
  • 2012/03/30
    西田の全手書き資料の筆跡検索用DSCファイルを公開しました.
  • 2012/03/15
    西田の全手書き資料が筆跡検索可能になりました.
  • 2011/12/25
    雑誌「思想」2012年1月号田辺元の思想―没後50年を迎えて発行(店頭にでるのは12月27日か?).本アーカイブの史料も掲載されています.
  • 2011/12/22
    本アーカイブの試験公開がはじまります.
  • 2011/10/20
    本アーカイブの史料を閲覧・作成する際に遣われる SMAR-GS.0.8 の公開がはじまります.